Oil massage

いつ遭遇するか分からない交通事故|むち打ちになった際の対処法とは

事故の示談交渉

交渉のサポートもしてもらえる

交通事故

自分自身は安全運転をしていたり、自動車を所有していない場合であっても被害者という形で交通事故に巻き込まれるケースがあります。運悪く交通事故の被害者となった場合、交通事故の加害者が加入している保険会社から金銭補償を受けられることが一般的です。しかし、保険会社との見解の相違によって納得のいく補償額が提示されないケースも少なくないといわれています。特にむち打ちなどの各種後遺障害については、交通事故との因果関係の見解で揉めるケースが多いといわれています。そうした場合、示談交渉の素人である個人が保険会社側と対等に渡り合うことは非常に困難となります。そのため、後遺障害の解釈などの示談交渉で保険会社と揉めた場合は、法律の専門家である弁護士に相談するのがよいといえます。個人で対応する場合と弁護士を入れて示談交渉を行う場合を比較すると、弁護士を入れて示談交渉を行った方が保険会社側の提示額が増加する傾向があるとも言われています。後遺障害の内容にもよりますが、後遺障害が認定されるかどうかで最終的な補償額が大きく変わってくるケースも少なくないといえます。保険会社側の提示する示談内容に納得できない点がある場合は、少なくとも個人で即決せずに一度弁護士に相談だけでもしてみるのがよいといえます。弁護士が過去の類似事案の判例なども踏まえて妥当な内容であるかどうかについて助言してくれます。示談が成立した後では覆すことは非常に困難となりますので、一人で悩んでいるぐらいであれば早めに専門家に相談するのがよいといえます。

トラブルの原因

男性

複数社から借り入れをする事を多重債務というが、多重債務になると借りては返済、また借りてはの繰り返しとなり、首がまわらなくなります。このような状態になった場合にはまず弁護士や司法書士に相談をする事が重要です。借金はそのままにしては減りませんので、なにか対策が必要ですが、そこで考えられるのが債務整理です。これは任意整理の内の一つですが、自己破産とはまた違い借金の利息を免除して借金の元金は返済するというものです。この債務整理を行おうとした場合には、個人的に金融業者と交渉する事は難しいため、弁護士等にお願いをする訳ですが当然その際に費用がかかります。まずは手付金ですが一般的には1社でいくらと決まっていて、これとは別に成功報酬を求められる場合もあります。また債務整理の際にはグレーゾーン金利部分について計算しなおしますので、過払い金が発生ケースもあります。このような場合も含めて成功報酬があります。これ以外には金融業者への返済の管理費用が1社1,000円程度かかったりします。債務整理をする金額にもよりますが、合計で数十万円かかってくるケースもありますので、相談時にしっかり確認する事が重要です。なおもともと返済が難しくて債務整理をしていますので、弁護士費用についても分割が可能なケースがあります。また弁護士が金融業者と交渉を始めると、その間の返済はストップしますので、この間にしっかりをお金を残して弁護士費用にしたり、または返済の原資にする事も重要です。

早めに対応を考えておく

ジャッジがベル

相続とは故人が遺した財産を、遺族が引き継ぐことです。相続は昔から親族間のトラブルの原因となっており法整備がなされた現代においてもトラブルは頻発しています。このためトラブルを防ぐためにも故人には生前に行動しておく必要がありますし、またトラブルが発生した場合には遺族も弁護士などを雇って解決を図る必要があります。相続の基本知識としては、法定相続人と法定相続分がります。これはいずれも法律によって定められた相続を受ける権利があるものです。遺言などを残さなかった場合には、法律に基いて分配が決定されます。しかし金銭など細かい単位まで分割できるものであれば均等割が可能ですが、不動産は均等割が出来ません。このため不動産の存在がトラブルの原因になると考えられます。このためトラブルを防ぐために不動産を処分してしまうか、先に生前贈与しておくことがトラブルを避けるポイントになります。大阪で相続トラブルを避ける場合にも不動産が原因となることがほとんどです。大阪の場合には大阪市内やその周辺では不動産の価値が高いため、収益化されていない物件であっても相応の価値が存在します。その価値が結果としてトラブルを発生させます。このため、あらかじめ遺言を作成しておくことが重要ですし、生前に対応が可能であれば贈与や処分といった行動をとることがトラブルを避けるために重要です。大阪のような大都会の場合には弁護士事務所も多くあるので、事前に相続専門の弁護士に相談しておくことで適切な行動をアドバイスしてもらえます。